無料ブログはココログ

« ゆかりの地再発見ツアー①~訪問者~ | トップページ | ゆかりの地再発見ツアー③~白滝を味わいつくせ!!~ »

2012年7月 9日 (月)

ゆかりの地再発見ツアー②~遠軽、上湧別~

初日の昼過ぎ、午前中に帯広観光をしてきたお客さんと遠軽駅で待ち合わせ。

この日は半日で遠軽と上湧別を回る。

まずは遠軽郷土館。昔の生活、開祖の苦労を偲ぶ。

そして、ここには開祖の上湧別村村会議員時代(当時、白滝は上湧別村)の写真が何の説明もなく展示されている。

おまけに集合写真なので、よく探さないとわからない。開祖マニア度が試される場所だ。

残念ながら、お客さんは2人とも開祖の若い頃の顔を知らず、一発正解ならず。

この郷土館で久田旅館の後を再確認。開祖と惣角が出会った歴史的な場所だ。

今まで何人かに久田旅館跡と思われる場所を紹介したが、そこは間違いでした。

ということで、改めて久田旅館跡を探してみる。もちろん今は旅館ではない。

続いて上湧別の役場へ。現在は湧別町の庁舎であるが、上湧別村時代から庁舎は同じ場所にあるという。

開祖は白滝からここまで通ったわけですな。

そして上湧別の屯田兵館へ。中湧別道場の指導部長と会員Hさんと一緒に回る。

学芸員が案内してくださったのだが、この方は身を持って当時の生活を研究している。

説明が丁寧でとても勉強になった。

一度だけ合気道の見学にもいらしたのだが、この方の説明で嬉しかったのは

「開祖ゆかりの地は他にもありますが、私は北海道時代が一番合気道に大きな影響を与えたのではないかと思います」

といってくれたことだ。

確かに、開祖の生涯のうち10分の1にも満たない北海道時代だが、一番環境の厳しい時期だっただろう。

屯田兵達も過酷な生活だが、国の援助のなかった開祖たちはさらに過酷だ。

この時期の開拓魂が後の合気道創始にどれだけ影を落としたか。合気道は開拓者の武道なのだと再認識した。

それから中湧別道場へ。そうそう、道場にトイレがつきました!いや、今言うことじゃないかもしれないが。

この日の夕方は遠軽で食事の予定だが、時間が空いたので文化センター内の漫画美術館に行ってみる。

ここには尾﨑先生寄贈のコナンの色紙とかがあったりする。

そしてチューリップの湯へ。久しぶりに来ました。昼にゆっくりつかる温泉・・・最高!!

夜は遠軽のお好み焼き屋「ぼんたん」で食事。妻が宴会料理を手配してくれていたが、当の本人は体調を崩してダウン。

私とHさんでお客さん達と語りまくる。お客さんの考案した二教×三教=六教なる技をくらってみる。

料理も最高でした。ここのお好み焼きはあまり食べたことないのだが、宴会料理はおすすめ!宴会はぜひ「ぼんたん」へ!

宿泊は白滝の悠遊塾。わかりづらい場所だが、なんとか案内してこの日は終了。

« ゆかりの地再発見ツアー①~訪問者~ | トップページ | ゆかりの地再発見ツアー③~白滝を味わいつくせ!!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆかりの地再発見ツアー②~遠軽、上湧別~:

« ゆかりの地再発見ツアー①~訪問者~ | トップページ | ゆかりの地再発見ツアー③~白滝を味わいつくせ!!~ »