無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月19日 (水)

宣伝のようなもの

先の開祖白滝入植100年記念における道主の講習会を見ていた幼い女の子二人が

「やりたーい!!」と騒いでいたのを私は見逃さなかった。

その二人は中湧別道場の子供会員の妹達であった。

そして二人とも、その後すぐに入会しました!!一生懸命稽古しております。

また、白滝ではこの講習会に向けて、初心者講習も行っていた。

さらに、白滝の中学校が武道科目に合気道を取り入れようと考えているとかいないとか。

オリンピックのように勝敗を争うのもそれはそれで面白いだろうが、やはり今の時代には合気道の精神が求められているような感もある。

合気道を始めるなら今がチャンスであります。

白滝の道場でもいいが、おすすめは中湧別、中湧別道場でござい。

稽古日は火・金、18:30~

詳しくはこちら→http://www2.ocn.ne.jp/~aiki0325/nakayu.html

2012年9月10日 (月)

開祖白滝入植100年記念⑯~お陰様~

100年記念が成功したのは誰のお陰?

梅原さんをはじめとする実行委員の方々

陰で支えてくださった尾﨑先生と奥様

当日、準備や片づけをしてくださった方々

私にこころよく時間を与えてくれた社長

私を支えてくれた妻

全道から集まってくださった合気道有志

道外からも東京ツアーをはじめ数団体、さらにはロシアからも

そしてもちろん、わざわざお越しくださった道主ご夫妻(と内田指導員)

その誰が欠けても事業の成功はなかったと思う。

事業の直前になって、はたしてこのままで大丈夫なのかってくらい切羽詰った中で、私は妻を誘って夜空を眺めに出た。

夜逃げしようとしたわけではない。

尾﨑先生の奥様が「東京の連中に大平高原の星空を見せたら感動するわよ~」とおっしゃったので、気晴らしに行ってみたのだ。

そこで私たちはUFOを見た。

見間違いだろうがなんだろうが「未確認」な飛行物体なのでUFOには違いない。

UFOははるか遠くで色々な光に輝きながら、宙を漂い続けていた。

まるで我々を見守ってくれているように。

そのときに私は「ひょっとするとうまくいくかもしれない」と思った。

もしかするとあのUFOには開祖が乗っていたのかもしれない。

おしまい。

開祖白滝入植100年記念⑮~旭岳ツアー~

3日目、道主と行く旭岳ツアー

この日の進行はほとんど私一人、その分緊張したが、他のイベントに比べると気の楽なこと!

しかし、だいぶ思い出が薄れつつある。一番楽しかったことは間違いないのだが。

まずは当麻の上野ファームへ。花畑庭園がとてもきれいだが、最盛期を過ぎてしまったのが残念。

東川町道の駅「道草館」で休憩。皆さんソフトクリームをうまそうに食す。

旭岳へ。我々のバスは斜面でスピードが出ず、少し遅れた。

ふもと湧駒荘(ゆこまんそう)という温泉ホテルで昼食。ロープウェーの時間が気になり、急ぎ足で食べる。

旭岳ロープウェーで中腹へ。ここから健脚コース、ゆっくりコースに分かれて散策。

健脚コースは道主の奥様が先頭を切って行かれました。私も色々と話せて楽しかった。

下ってきて旭岳源水散策路。ここを散策して道主とお別れ。尾﨑先生ともお別れ。

その後、東京ツアーは旭山動物園へ。

それぞれ自由行動で、私は数名をご案内。一通り見た後にご馳走になったビールは足に来た。緊張感から開放されて目が回る。

妻は某VIP先生と一緒に見て回る。最初は穏やかに見ていた先生方もアザラシやペンギンには超興奮して写メを撮りまくったとか。

それから皆さんを空港へ送り届け、途中夕食を食べて帰宅。

家でゆっくりしていると、尾﨑先生からお電話。

「戻ってきたなら連絡をよこせ!」と叱られる。

こうして私の100年記念は先生からの小言で幕を閉じた。

2012年9月 7日 (金)

開祖白滝入植100年記念⑭~旭川下見~

100年記念事業3日目・・・というか、行事はすべて終了したので、この日はロスタイムみたいなもんだが、重要度は依然高いまま。

というのも道主の観光のご案内をすることになっていたのだ。

この日の便で道主と東京ツアーは帰ることになっていたのだが、道主の便は16:30、東京ツアーは19:30と時間があるため、旭川観光をすることに。

さあ、困った。私は白滝案内だけで一日潰せるが、旭川のことは良く知らない。

というわけで、妻と下見に色々行きました。要するにデートみたいなもんじゃねえか。おかげさまでちょっと旭川観光に詳しくなりました。

当初は東京ツアーの方々だけをご案内する話だったので、そのつもりでコースを組んだが、道主と一緒に観光することが決まる。

しかも行き先は旭岳に決定。

ちょっと遠いです。下見してません。おまけに梅原さんも行ったことはないという。

飛行機の時間があるのに、行ったことのないところをご案内するような危険な真似はちょっとできない。

他にもやるべきことが色々とたまっている中で、私は梅原さんと二人旭岳へ向かった。

要するにデートみたいなもんだ。

・・・一応言っときますが、梅原さんは男です。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »