無料ブログはココログ

« 比布爆笑イチゴ寄席⑤~大喜利・幻の問題~ | トップページ | 室欄・白滝記その39~白滝合宿②~ »

2013年5月30日 (木)

室欄・白滝記その38~白滝合宿①~

1年後輩のアサヒ達は夏合宿を白滝で行うことに決めた。

開祖ゆかりの地・白滝である。当然参加した。


開祖と同じ山を見て、同じ空気を吸えることにとても感動した。


まず初日は遠軽合気会・吉野先生の稽古。


夜は高原キャンプ場で五右衛門風呂を初体験。薪割りで盛り上がる。


2
日目の朝は早起きして、キャンプ場のアスレチックコースを後輩と二人、大はしゃぎで遊んでいた。子供か!!


しかし、稽古のほうは主将のアサヒが大はりきりで、ひたすら膝行(膝で歩く動き)の稽古をした。


1
年生の膝の皮はこれで全滅した。


次にすっちーの指導のもと、ひたすら飛び受け身の技をやる。


この午前の部の稽古には白滝合気会の会長も出席した。


会長は当時
50代後半だったか、それでも半日とはいえ、学生の稽古についてきたのである。

この人はやるときはやる人だと思った。この時点では…。

午後は私とタケヒロの受け持ちで、半身半立ちやランニング、道場の拭き掃除までやった。

合気道の稽古で走ったのはこれが最初で最後であった。

夜は白滝合気会の稽古に参加。

ここは子供と初心者しかいなかったので、稽古は楽チン…と思いきや、

「子供達と騎馬戦をやりましょう」と会長が言い出した。子供をおんぶして走り回る部員達。


この日の稽古は足に負担のかかることばかりやったのだ。その後の騎馬戦はきつい。

しかし会長、「次は膝行でやりましょう」


鬼か、あんたは
!!あんたも一緒にひたすら膝行やったの知ってるでしょうが。


かくして、今度は子供を負ぶっての膝行。その様子を会長はニコニコ眺めていた。

その後も子供達と遊びまくり、我々はボロ雑巾のようになった。

« 比布爆笑イチゴ寄席⑤~大喜利・幻の問題~ | トップページ | 室欄・白滝記その39~白滝合宿②~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室欄・白滝記その38~白滝合宿①~:

« 比布爆笑イチゴ寄席⑤~大喜利・幻の問題~ | トップページ | 室欄・白滝記その39~白滝合宿②~ »