無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

内弟子がやってきた!

・・・と言うと、何事かと思うかもしれませんが、うちは家の中に道場があるわけで、住み込みで稽古したい!と言う方いらしたら、たとえ一泊でも内弟子と言うことにしちゃうのです。

 

断っておきますが、私の弟子ではありませんよ。

 

あいきのまなびやの道場長は息子(2歳)なのですから。

 

そういう意味では私も内弟子・第一号なのです。

 

さて、今回やってきた方は、なんと鷹栖から入会してくださった女性です!

 

通称、あすみちゃん。

鷹栖から遠軽までは車で1時間半。その距離を来てくれることに感謝です。

2泊3日の日程で、遠軽道場(武道館)と学田道場(自宅)で計5時間以上稽古していきました。

そのうち、学田道場では他の会員たちとも一緒に稽古する機会があり、初めて3人以上の稽古を自宅で行いました。

約7畳のスペースに2組です。

最初は「こんな狭いところで稽古できるのか?」と思った会員もいたようですが、ちゃんとできました。

むしろ、広すぎる武道館よりも集中して稽古ができるとの声も。

何事もやってみなくちゃわからないものです。

そして、稽古の後はあすみちゃんがお茶を淹れてくれました。

なんと、あすみちゃんは自分でブレンドしたハーブティーを持ってきてくれたのです。

ハーブの話に女性会員も興味津々。とても楽しい時間になりました。

このお茶会はあすみちゃんが来るたびに開催したいですね。名付けて「あすみカフェ」。

そして、合氣道関係なく誰でも集まれる場の一つにしたいです。

あすみちゃん、楽しい時間をありがとう!

次回は4月5日に来る予定です。

あいきのまなびやでは、地方会員、内弟子体験者、大歓迎です。

学田道場は私の都合のつく限りオープン。私の留守に稽古したい方ももちろん可です。

輝きを信じる指導

合氣道は難しい・・・

私が習い始めた時もそう思ったし、そう思って習っている人は多いと思う。

指導者たちもそう感じていて、どうやって合氣道を伝えようか試行錯誤しているように見える。

それは合氣道に限らない。あらゆる習い事は「最初はできなくて当たり前」というイメージから始まっていないだろうか。

はたして、合氣道はそんなに難しいのか?

指導者のその思い込みが、習う側の可能性を封じ込めているのではないか。

技は誰の中にもすでにあるのではないだろうか。

そんなことを考えて、先日は試しにややハードル高め(と今まで思っていた)稽古を行いました。

それは、連続して打ち込んでくる相手を密着状態でさばき続けるというもの。

それだけではなく、自己の中から技が湧き出たタイミングで、その技をかけて相手を投げるというものでした。

イタリアの友人に教わった稽古法でした。

「これをできるようになってもらいます」と言って、手本を示した段階では「無理だ」と思った会員もいたそうです。

それもそのはず、当日の参加者は上が4級、下は稽古2日目という状況。

そこで、私は皆さんの輝き(可能性)を信じて、すでにできる状態をイメージ。

仮にAさんという方の現状がver.1.0だとしたら、ver.3.0くらいにグレードアップした状態をイメージして、Aさんver.3.0相手に指導するようにしました。

結果、全員が私の設定した水準をクリア!

技はすでに自己の内にあるものだと認識していただけたと思います。

普段の型稽古は、すでに皆さんの内にある技に、手順や名前を付ける作業なのかもしれません。

型にはめる前に、各々の輝きを信じる。今後もそれを意識して指導しようと思いました。

ちなみに、この日朗読した「武産合氣」にはこんなことが書いてありました。

「武にしましても誰にもわからないものが私にどうしてわかったのか、どこから尋ねあてたのか?私はあらゆる流儀を尋ねあたりましたが、人間の作った流儀のどこにもそれは見当たりませんでした。ではどこにあったのか、すべては自分にあったのです。」P73

2017年3月24日 (金)

予告

今週末の稽古は25日がお休み。
26日は武道館で19時からです。...

で、26日の稽古ですが、基本的なことを抑えつつも、久々に開放ワークやるよ。

ずっとやりたかった稽古法があるんだ。
でも、うちのレベルじゃまだできないだろうと勝手に決めつけてた。

そんなことはないんだよね。できる。

会員はもちろん、見学体験も大歓迎です。
興味のある方はぜひ。

ちなみに25日の振替稽古を、27日に自宅で19時からやる予定ですが、今のところ、誰も参加希望がないので、もっと人が来れるかもしれない時間にずらすかもしれません。

よろしくお願いします。

2017年3月23日 (木)

学田道場

Kimg0220


あいきのまなびや本部道場が移転しました。

ていうか、2軒先に移っただけなんですが、一番の変化は屋外から屋内へ移ったこと!

これで、雨の日も雪の日も稽古できるようになりました。まあ、普通の道場は、最初からそうなんですけど。

名称も「本部道場」ではさしさわりがあるかなと思い、「学田道場」に変更します。

遠軽の学田地区にあるからです。

さて、その学田道場での初稽古が2日にわたって行われました。

いつもの遠軽道場(武道館)は無駄に貸し切り状態ですが、学田道場のスペースは約7畳。極端すぎ。

普通の民家であることと、狭いことで稽古法が変わってきます。

技はより呼吸を意識したゆっくりなものに、受け身もより静かで小さなものに。

何より、壁などの障害物にも氣を配らなければいけません。

稽古相手のみならず、空間を感じる稽古へと変わるのです。

さて、この学田道場は4月にも定期的に稽古を行う場になると思いますが・・・

基本的には「いつでも、誰にでも」指導を行います。

オホーツク圏で合氣道をやりたい人はここに来ればいいって話です。

都合のつく限り、稽古します!

あいきのまなびや学田道場をよろしくお願いします。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »