無料ブログはココログ

« 開祖と消防団 | トップページ | ニュージーランドの道場がやってきた! »

2017年5月27日 (土)

後ろ回転受け身

初心者、それも社会人になってから入門された方にとって、回転受け身は一つの壁かもしれません。

本日は推定60代(もっと若かったらごめんなさい)の方に後ろ回転受け身を指導しました。

受け身は私もかなり研究していて、今まではこれ以上わかりやすくならないだろうというくらい要点を押さえた指導のつもりでした。

しかし、あくまで動きのほうに意識を置いていて、人によってはそれでも「難しい、できない」となってしまいます。

そこで、どこに意識を向けるかという視点で指導することに変えました。

そもそも、回転受け身は結果的に回転しているだけで、回転が目的ではないし、動き自体も分解していくと回転ではないことに氣がつきます。

それを本日いらした方にお伝えしたところ、さすがに100%の出来ではありませんが、ころころと回りだし

「回転してるという実感がないです」

と言い出しました。

普通、それくらいの年齢の方が回転に意識を置いてしまうと、目は回るかもしれないし、あちこちぶつけるかもしれないし、結構疲れるかもしれないし、そもそも回ることすらできない人もいるかもしれません。

どこに意識を置くかはとても重要です。

前回り受け身も同様で、従来通りの教え方だと体を強打してしまう人が、意識を変えると、ダメージも音もなく回れちゃったりします。

後ろ回転受け身はもう難しくない。

ちなみに、私はあぐらから立ち上がる時なんかは、後ろ回転受け身が一番楽な起き上がり方だと思っています。

これも今度のワークショップでやろうかな。

【宣伝】

6月18日に遠軽で二度目となるワークショップを行います!
二部編成で、第二部は初の試みとなります。

第一部 10時~ 「意識を変えて、体の使い方を変える」
第二部 13時半~「体を自由に動かして、自由な発想を得る」(第一部に参加された方対象)

会場はあいきのまなびや学田道場(遠軽町学田2-12-25)
参加費は2000円(第一部のみ1500円。高校生以下500円)です。

よろしくお願いします!

« 開祖と消防団 | トップページ | ニュージーランドの道場がやってきた! »

合氣道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後ろ回転受け身:

« 開祖と消防団 | トップページ | ニュージーランドの道場がやってきた! »