無料ブログはココログ

« シェアタイム | トップページ | 0を増やす »

2017年11月 3日 (金)

受け身について(2年前の文章より)

久保田流・受け身三原則


・恐れない


・受け入れる


・解放する



受け身の稽古の場合、指導者は上記の条件を満たす技をかけなければいけない。

怖くなく、素直に反応できる技で相手の心身を解放してあげなくてはいけない。

マットを敷いてしまうと、その時点で恐怖心が芽生えてしまう。

受け身は怖くないんだということを伝えて、それにふさわしい稽古用の技をかけてあげればいい。

実践的じゃなくてもいい。

そして、一番肝心なことは受け身は飛ぶのではなく、飛ばされるということ。

飛び受け身は自ら飛ぶのではなく、自然に起こる受け身でなくてはならない。

そうした稽古を通して、一度でも飛べることができたら、その感触をしっかりと覚えてもらう。


あくまで私の考えとやり方です。

« シェアタイム | トップページ | 0を増やす »

合氣道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け身について(2年前の文章より):

« シェアタイム | トップページ | 0を増やす »