無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月 9日 (金)

求心力

武産とは引力の錬磨であります。(「武産合氣」P32)

武産(たけむす)は、開祖の造語だと思うのですが、産み出す武道だと私は解釈しています。

そのままですけど。

つまり、合氣道のことですね。

この言葉がずーっと胸に残っていたところに、ある講座で「求心力」について学びました。

求心力=集中力+直感

ただの直感、思い付きでやみくもに行動してもダメで、どこに(何に)集中して求心力をかけるかが大事なのですね。

で、今、求心力の実験を色々とやっています。

例えば、合氣道ワークショップ。

まず、イベントを立てる。タイミングを見て、大々的に宣伝・・・はしない。

集中して宣伝する。私の場合はフェイスブック。招待者も絞る。

一人でも来てくれれば十分。今度は参加者に集中。

誰にどの程度、声をかければ理解していただけるか、できるようになるか。

誰をどの程度いじると、場が盛り上がるか。

で、今までは「楽しかった!」で終了していたのですが、それでは続かないので・・・

押し売りにならない程度に、次につなげる手を考えてみる。

興味を持ってくださった方には、ちょっとだけ強めに押してみる。

たとえ、1回のワークショップだけの参加になったとしても、その後の参加者の生活によく作用するように、深く意識を張って伝える。

一度でもいらしてくださった方については、その後も意識を向けるようにする。

意識だけは張っておく。

再開することがあれば、再びその方に集中する。

という意識でやってたらね・・・

今まではちょっと変化球的な印象だったワークショップが、

くぼっち合氣道のど真ん中ストレート剛速球に変わってきたような氣がするのです!!

しかも、誰も投げない球ならば・・・

十分、これで勝負できるじゃん!!

達人、名人、研究熱心な方々はたくさんいらっしゃいますが、

ワークショップというアプローチは世界広しといえども、私だけじゃないかな。

となると、

「技術は○○先生のほうが上だけど、くぼっちはなんか面白いから、たまに稽古したい」

という方や、

「ぶっちゃけ稽古はどうでもいいけど、なんだかくぼっちに会いたい」

という方が出てくるかもしれませんねー。

これぞ、引力の錬磨=求心力!!

そんな実験を今やってみているところです。

それが私の稽古なのです。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »