無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

自由と解放ワークショップ!!

3月の月一遠軽ワークショップは、参加者が会員1名でした。

しかし、これがよかった!ものすごく、濃くて深まる内容でした。

ワークショップは初めての方相手にやるのも、もちろん楽しいのですが、

会員相手にやるのもすごくいいのですよ!!

なぜなら、会員さんは基礎がすでにできてるからね。

その分、ほかの内容を深めることができるのです。

場合によっては、ほとんど稽古になったりもしますが。

ちなみに、会員相手のWSと稽古の境目って、結構ぼんやりしているのですが、

一応、WSと稽古では定義が違っています。

稽古は「技」を通じて、それぞれが学ぶ場。

WSは「テーマ」にそった技(稽古法)を行う場です。

今回のテーマは「自由と解放」でした。

参加者に「自由とは?」と聞いてみると、「子供(幼児)と一緒にいながら、自分の時間を楽しめたらいいなぁ」とのこと。

そこで、選んだ技が入り身投げ。

入り身投げに限りませんが、稽古中は自分と相手の状態を常にチェックすることが求められます。

自分の状態をチェックし、相手の状態もチェックし、「相手を投げる」というゴールに向かう。

「投げたい」という自分の氣持ちだけでも成立せず、相手が倒れたくなるような動きが求められる。

自己を知る、軸をぶれさせない、固執しない・・・その上で目的を達成する。しかも、それを自然に行えるレベルに持っていく。

「自由」を得るヒントが技の中にいくつも散りばめられている。

技を通して、自分と相手と向き合うワーク。

と、同時に外の世界にも目を向ける。

その方は子供も連れてきていたのです。

道場の外で遊んでいる子供の状態もチェックしつつ、自分の時間(WS)を自由に楽しむには…?

ワークショップと実生活がリンクする。

実に面白い内容となりました!

色々とあるWSメニューの中でも、「自由と解放ワーク」は一番面白いかもしれません。

遠軽でのWSは月一開催ですので、氣になる方はぜひ「あいきのまなびや」Facebookページをチェックしてみてください。

札幌でもWSは行います。次回は4月5日です!!

2018年3月28日 (水)

合氣道を体得すれば自己を知る

「合氣道を体得すれば自己を知る」合氣神髄P108

か~っ、しびれる一言!さすがは大先生!!

そうなんですよ!

くぼっちも意識を向けているのはまさにそこ!!

つまり、技がどうこうじゃないんだよね。

いや、技がどうこうなんだけど、くぼっちが受けを取らせていただいているときに感じようとしているのは、

その方の技術がどうこうよりも、その方がどんな人間なのか?

それを感じた上で、何を伝えるべきか?

そういう意識の指導なのです。

結果的に、技術にもつながっていくのだと思います。

私は合氣道で生き方を勉強している。

自分は何者なのか?!

ひょっとしたら合氣道の稽古で、わかるかもしれませんよ~!

2018年3月26日 (月)

リクエストに応えます

最近、道場長(息子)が稽古に参加するようになってきました。

と言っても、まだ3歳なので、30分もてば御の字です。技も一つ二つ。

息子で道場長とはいえ、稽古の強制はしていないので、自分から稽古したいと言ってくれるのは嬉しいですね。

その道場長が「えいほーやりたい」というので、昨日はみんなで舟こぎ運動。

さらに、「すもうがつよくなりたい」と言い出したので、道場長だけ特別メニューで相撲の稽古をしていました。

さらに、ほかの参加者全員とのぶつかり稽古も。

なんの道場だよ。

でも、基本的にくぼっちはリクエストに応えます。

例えば、「この技のコツを教えてほしい!」、もちろんお応えします。

「こんな稽古がしたい」、お応えします。

「やせたい」、お応えします。

「荷物の上げ下ろしを楽にしたい」、お応えします。

基本的に、なんでも合氣道でお応えします。応えようとします。

何もリクエストがなければ、くぼっちの氣まぐれメニューです。

でも、せっかく習うなら、なんでもいいから目標や疑問点があったほうがいい。

習う側の意識が変わるのはもちろん、指導側の集中度が変わります。

ちなみに、今までで一番の無茶ぶりは「恋愛をテーマにワークショップを!」でしたね。

無茶ぶりは人を成長させます。

無茶ぶりでもいいから、くぼっちにリクエストしてみましょう!

リクエストは会員じゃなくてもOKですよ。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »