無料ブログはココログ

« ありがとうを唱える | トップページ | 2019年の振り返り »

2019年11月21日 (木)

肚とつながる稽古

昨日は旭川への出張稽古でした。

この稽古は、指導スキル向上のために行っています。

月に一度だけの指導で、何をお伝えすることができるのか。

昨日は、マンツーマン稽古だったので、参加者さんの現場につながるような稽古しかしませんでした。

その一つが「意識を張る稽古」です。

意識を張るという感覚は、武道家に最低限必要な要素。

キッズの部の条件(目標)の一つにもなっています。

昨日は、同時に色んな感覚を使う稽古をしました。

技をかけ合いながら(体)、床に散らばっているタオルをよける(目)。

さらに、BGMを聞きながら、ギターソロの部分で挙手(耳)

しかも、会話をしながらの稽古(口)

その全ての感覚は肚から出します。頭を使わずに、色んな感覚を使うことで、自分の肚(本当の氣持ち)ともつながります。

参加者さんの感想です。

気を張る
視覚も聴覚も簡単に意識の外に行く事を体験

頭で考える
頭で考えてばかりいると認識できました。

自分のやりたいと思う事は
そんなの無理だよ
私には出来ないよ
言うのも恥ずかしいって底にありました😊

合気道の
基本からやりなおしてもらい
肝の力
意識の力
やっとこういう事なのか!!と
掴んだ実感がありました。

ありがとうございました🙏🏻

« ありがとうを唱える | トップページ | 2019年の振り返り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがとうを唱える | トップページ | 2019年の振り返り »